FANDOM


XtYbw7-ReA8
Karu de himawari
Yahh! Yahh! Super music start!君はなんて言う名前なの? どこかで見た顔かも特に目立たない それは小さかったからいつしか色がついて 目に溜まる事が増えた少し背も伸びた いつか大人になるんだね美しくなるにつれてその姿に引き寄せられ本当は知ってたの 小さなあの頃から WOW~心まで照らしてた 太陽みたいになりたいってあの頃の君はそう言っていたねそうさちょっとだけでも 太陽に一歩近づくんだ眩い光を浴びて生きるまで「ヒマワリ」季節は過ぎ巡ってゆく今日もまた美しくなった君は僕の隣で笑いかける 握り締めた手は今も小さいから WOW~心に照らし出す 瞬きもできないくらい あの頃の君を忘れないようにそうさちょっとだけだけど 太陽に一歩近づけた眩い愛を与えて生きる君は「ヒマワリ」